酔っ払い武勇伝

d0011065_10102965.jpg


 最近、友人知人と、酔っ払った時にやらかした失敗談、というか面白話というか・・・・・・そういうので盛り上がってたんですけど。

 みんな、面白いね。
なかなかやるね!!という話満載でしたw
 30年以上生きてりゃ、酒飲みでありゃ、そりゃ、一度や二度、失敗や恥ずかしい経験はあるわな、ウンウン。
 特に笑ったお話、二つほど。

①友人T(女子)の場合

飲み会から深夜帰宅したT。

まだ、家族のものは起きているのに、そそくさと部屋へ上がる。

しかしその後、一人のはずのTの部屋から話し声がするため、不気味に思った父親がTの部屋をそっと覗くと・・・・。

 いつも抱いて寝ている熊のぬいぐるみに向かって、真剣に説教をしているらしいTの姿。
身振り手振り使いつつ、相当ご立腹状態で、父親はかなりあせったらしい。

熊のぬいぐるみはこてん、と横倒れになっており、その前には、どうやらお酒を注いだらしいグラスが、やはり横倒れに・・・・・・・・お酒はカーペットにしみになって。

 Tの見解だと、(この時点での記憶はまったくなく、父親になだめられて、その後落ち着いて寝たらしい、ということは後から聞いたみたいであるが。)、帰宅後、記憶がないながらも飲み足りない!と感じたT、どんなわけか、この、熊のぬいぐるみを相手に晩酌するつもり満々であったらしい。(寂しかったのだろうか・・・・・・笑)

  しかし、所詮ぬいぐるみ、じっとしたまま、無表情で、Tの話に言葉を返すわけでもなく(当たり前じゃ・・・)、うっかり横倒れになってしまったところ、Tがぬいぐるみのために用意したグラスも、なぎ倒してしまったらしい。んで、お酒もこぼれる・・・・・・。
 
 グラスを倒してしまったことについて、こんこんと、かなり本気で説教をしていたのではないか、と・・・・・(あくまで予想。記憶がない、というのがポイントw)
嫁入り前の娘が・・・・・・・・・・・・・・・・と、家族のものはきっと、気が気じゃなかったことでしょうなw

②取引先の営業マンK(男子)の場合。

勤務先の転勤で、1年前からなれない実家暮らしに戻ったK。
建機系の営業マンであり、毎晩毎晩接待の予定が絶えない。
ひどいときには、明け方まで飲み・・・・・お酒が抜けない酔っ払った状態のまま、また会社に出勤、ということもしばしばだそうで。
 ほんとにひどいときは、朝の記憶もなく、会社で我に帰る、ということもあるそうな。(頼むから、そんな状態で、朝のラッシュアワーの中、車の運転はするなよ・・・・w)

 最近で一番ひどかった話。
ある日、前日も例によって、ほぼ、徹夜に近い接待で、体にも限界がきていたため、同僚の誘いも断り、久々、、まともに家に帰ったところ・・・・・・。

 自分の部屋の壁からベッドから、なぜだか、歯磨き粉まみれではないか。
『なんだよ、これ?こんなに汚して。』
驚いて、母親を追及。
ところが、母親もなぜか、半笑いながらも怒っている。
『あんた、朝のこと、覚えてないわけ?あんたがやったのよ、それ。』

 よく話を聞くと・・・・・・朝、目覚ましをセットしておいたのはいいが、まだ酔っ払い状態で覚醒してしまったK、自分の耳元で大きなベルを鳴らす目覚まし時計に本気で怒りを覚えたらしい。
 『黙れ貴様!!!!!!!!!!朝からうるさいったい!!!』(朝だから鳴っているんだけどねw)
と、目覚まし時計をわしづかみ、一階の洗面所まで連れて行き、ひげをそり、顔を洗い、ついには歯磨きをしながら、まだ鳴り続ける目覚まし時計に説教。(笑・一部始終、母親が見守っていたらしい・・・)

止めればいいのに、そんな頭もなかったのか。

『まだ鳴るか!!!わからんやつやな!!』と叫びながら、二階の自分の部屋に上がり、思い切り目覚まし時計をベッドに投げつけ、正面に座って、やはり真剣に説教。
 歯磨きしながら、というより、歯磨き粉だらけの口で、わめいているものだから、飛ぶ飛ぶ、歯磨き粉があちこちに・・・・・w

 壁に、ベットに・・・・・・で、それが、残っていた、というわけね。

 そのうち、母親が不憫になって、目覚ましを止め、早く会社に行くように促すと、ぶつぶつ文句を言いながら、口をすすぎ、きちんとネクタイを締めて、車で(!!!)出社していった、とのことで・・・・・・・・・・・・・・。服装だけは整えていくのよね。本能ってスゴイわ・・・。
 しかしねぇ、30過ぎた男が・・・・・・・w目覚まし時計に真剣に説教って・・・
 
 このお兄さん、接待中なんかは、いつもさわやかで、お酒も強くて、ぜんぜん酔った風を見せないのだけれど・・・・・・・・・・・・・。やはり、本性はみんな、他人には見せないものなのねw

 私自身も、最近もかなりあるけれど、あえて書きませんが(苦笑)
 
 学生の頃はねぇ、始発に乗ったはずの山手線、寝てしまい、起きてみたらお昼の12時だったとか・・・・(しかも、隣同士に座っていたはずの友人が、隣の車両に移動していた・・・・w)

 ほんっと、10年以上前、今だから言えるけど、バイト仲間と5人、なぜか、某チェーン居酒屋のスリッパ履いたまま、新宿アルタ前の植え込みのとこで爆睡していて、朝のラッシュアワー時間に目が覚めてみたりとか。。。。(全員、靴は各自、かばんのなかに。。。。何があったんだろう・・・・・・)
 隣にホームレスも一緒に寝ていたのがなんか笑えたww

 やっぱりバイト後の飲み会で大盛り上がりし、今から箱根に行って、温泉はいるぞ!!!!!!!!!!とノリノリでロマンスカーの始発に乗ってみたものの・・・・・やはり全員ぐっすり眠ってしまい、どえらい二日酔いで、お風呂どころではなかったり、とか・・・・。
(同じバージョンで、やはり始発でディズニーランドにも行こうとしたが、開園までが長すぎて、やはり断念した・・・)

 はちゃめちゃやっとったなぁ・・・・・・。青春だぁw
 まだまだ今後、皆さんの武勇伝、聞けると思うので、たまにはアップしていこうっと(^^;
 



 




ささみのバンバンジー風、八宝菜、ウインナーコンソメ煮、チキンチーズカツ、マカロニサラダ、煮豆☆
 
 たまには私も弁当食べようかな、と思い、自分のも、作成してみました!
Commented by あっち at 2007-03-23 13:59 x
みんな面白いけど怖いよ(笑)
ぬいぐるみ相手の酒も嫌だけど、1人でプンプン怒って異常行動している息子さんを見る親御さんは不憫だ・・・はははは!
恐るべし酒パワー!!

ナオちゃんはお酒飲んだら記憶なくすの?
ないからアルタ前で爆睡するんだろうしなぁ(笑)
私はすぐ吐いちゃう。目閉じたら余計グルグルして酔うから寝れないしで
相当酷いので、記憶がないって事もないよ。むしろ「救急車呼んで~」と半泣きだよ(汗)

若い時の酒も面白いけど、この年齢になるとまた違った楽しさがあるよね。
でも、さすがに3時ぐらいになると目がショボショボしてくる・・・凹
朝まで飲んでそのまま遊んで夜にまた飲むくらいの体力欲しいね~。
Commented by 大地 at 2007-03-23 18:22 x
あはは~~笑えるね~~酔っ払った人の「見本」みたいな話だね!
「酔っ払いのあるべき姿!!」だね!
私もあるよ~~(って25歳過ぎてからは飲まなくなったけど・・)
ある日友人と飲んでいて、、記憶がぶっ飛んで・・
気がつくと、全く知らない部屋で目が覚めた・・・・ん??
横には、、、女性が寝てる・・・それも母親ぐらいの年齢の女性!!
・・・・??・・・・!!・・・・
後で聞くところによると、最後に行ったラーメン屋のオバチャンに私が
「泊めてくれ~~~」って真剣に頼み込んだみたい・・あはは~~
そのオバチャンはその後わが子のように可愛がってもらいましたね~~でも残念な事に平成2年に亡くなりました・・
良い思い出です!
Commented by kwsknok at 2007-03-23 19:06
あっち>ほんと、おそるべしだよ、実際困っちゃうよ、熊のぬいぐるみさんに説教している娘も、目覚ましとバトルしている息子も・・・・なんて声かけたらいいのかわかんないわw
 私はね、記憶がなくなる、と言う前に、コテン、と寝てしまうのです。どちらかといえばお酒は強い方で、最後まで余裕で生き残っている組、なんだけど。たまに外れの日があんの(爆)だから、寝てしまったがゆえ、最後の締めを知らない、とか言うのはあるのよね、けっこう^^;
 吐くのはつらいなぁ・・・・・私、そこまで行くと、もう、人として成り立っていない状態かもだわ(汗)しっかし、体力、落ちました・・・徹夜がムリ・・・

大地さん>ウハハハハハw
それはそれで、素敵な思い出で、なんかいいですね、変なおばちゃんじゃなくてよかったですね・・・て、その後、お付き合いが続く、というのもこれまたいいですね^^大地さんの人柄かしら?!?!
 見本、みたいな話が、そこら中に転がってます、皆さん、暴露しないだけでw
Commented by deshi-mie at 2007-03-24 01:38
僕は飲みすぎると寝てしまうンで、失態はありませんねぇ~。
むかぁ~し飲酒(もう時効です。。。スミマセン)帰りに、家の手前
200mの地点で、睡魔に負けて夜中の3時くらいに車停めて
寝て起きたら、そこは朝のラッシュ真っ最中のバス停前だったコト
くらいでしょうか?
大勢のヒンシュクの視線の前で、大口空けて寝てましたzzz
Commented by kwsknok at 2007-03-24 13:11
deshi-mieさん>そ・・・・それは大変迷惑な人と化してしまいましたねぇ(爆)200メートルが無理、なんかその感覚、わかります。私も一瞬で落ちますから・・・・。
しかし、目だっただろうなぁ(^^;
by kwsknok | 2007-03-23 10:10 | 色々見たこと聞いたこと | Comments(5)