厄払い

d0011065_160132.jpg

私が今年は、大厄ということでありまして。
いやー、年食いました(笑)

博多では、一応、1番有名らしい神社に、厄払いに出掛けてきました。

いやぁ。
いるわいるわ、厄払いしに来ている老若男女。
本厄の人ばかりじゃなく、御礼参りとか、目的はいろいろみたいだったけど。
一度に三十人位、本堂に入って、祈祷してもらうんだけれど、次から次に人がやってきて、受け付けは大盛況よ。

しかも、記名をして、受け付けをしようとしたところ、初穂料は志でお願いしますと言われ、(要するに、自分が出したいと思う金額を出せってことさ。)てっきり、祈祷料が決まっていると思っていた私は、一瞬、受け付けで、一万円札をさし出したまま、茫然としてしまったのでした。(事前に厄払いに行った友人何人かに、だいたいの相場を聞いていたので、一万円出せばお釣りがくるやろう、位の頭だったのだ(笑))
受け付けのおじさんが、出すの、出さないの?的な視線で、私の手の諭吉さんを見ていたために。
『ち、ちょっと待って下さい!』と、列を外れて、後ろで待っていたさぶに、『私、一万円とあと千円しかないんよ、一万円は出しきらんわ、さぶ千円札持ってる?』と慌てて聞く始末。
さぶ、千円札は二枚しか手持ちがなく、『合わせて三千円か、私の厄、三千円位で払えるかなあ、微妙に安いよなあ、どうかなあ』なんて、真剣に打ち合わせをしていたら、半笑いの受け付けのおじさんが、『なんなら、両替もしますけど。』 と、助け舟(笑)
『あ、助かる!お願いします!』と諭吉さんを崩してもらい、三千円以上、一万円以下にて、私の厄価格をその場で決断する羽目になりました。
(´▽`*;)


は、恥ずかしい。
常識なくてごめんなさい(笑)
しかし、難しいとこよね。
自分の厄の相場を決めなきゃならないなんて。
とりあえず、友人にある程度の価格を聞いていたので、その程度の金額は、出しましたが。

御神前で、私の厄に、一万円は高い、無理!無理です!出せません!と、けちってしまったようなもんたぃ(笑)

ああ、なんだかいいのか、こんなんで、なんて気持ちで本堂に入り、有り難い祈祷の儀式を頂戴しつつ、自分の名前と住所まで読み上げられることに若干驚きつつ、(全員分読み上げられてたんで、けっこう時間は長かった。)滞りなく、厄払いの儀式は完了。(滞りなんて、そうそうあるわけもないが。)

中には、わざわざ、関東から厄払いにきたのであろう方々もいらっしゃって、これまたけっこうビックリだったんだが。

更にビックリしたのは最後の結びの神主さんの挨拶と説明。

『本日の初穂料により、個々でお渡しするお供え物が違って参ります。本堂をでましたら、受け付けでお名前をお呼び致しますので、お待ち下さい。』

『お札が入っている方、肌身離さずお持ち下さい。お菓子が入っておられる方、御家族とお召し上がり下さい。お箸が入っている方はそれでお食事を、御神酒が入っている方、合わせてお召し上がり下さい。置物が入っている方々は、云々、云々(長いので割愛しよ(笑))』

ひぃー、払った金額によって、貰えるものが、そんなにちがうんかいΣ(´Д`;)

確かにまあ、間違っちゃいないが、そりゃあなた、なんていうのかしら、格差社会がこんなところにも?!ちょっとちょっと、お札か、お守り位は頂けるよな?

最初ケチッてしまった気分なだけに、こんなことなら多少見栄張っておきゃよかったよ、私の馬鹿者、なんて思いながら、本堂を出て受け付けへ。

他の参列者と、ドキドキしながら、自分の名前が呼ばれるのを待つはめに。受け付けと言っても外だから、一人一人、渡されるものの大きさや量が違うのは、周りにまるわかり(゜_゜;)

受け取ったお供え物が一個だけ、の方々は若干決まり悪そうに、逆にやたらと量が多い男性なんかは妙に胸を張って、帰路についていくように見えた(笑)

な、何が、何が基準だかわからん。わからんだけに、なんか嫌だわなあ、なんてさぶとぶつぶつ言ってたところ、わりと最後の方に名前が呼ばれました。

結果は。

厄払いのお守りはもちろん、ちゃんとあれこれ、有り難きお供え物、頂けましたよ(笑)
神主さんが延々説明していた御品のほとんどを、無事頂戴できたようで。
ちょっとホッとしたわ(笑)

やはり、こういうことでケチッたら、いかんね(笑)?
しかし、あなたの厄はいくらですか?と尋ねられるより、平等に祈祷料が決まっている方が、なんかまだ納得いくかなあ、なんて。
貧乏性の私は思ってしまったとよ( ̄△ ̄;)

しかし、たくさんお金を出して、いろいろ貰えば大丈夫、てなもんでもないし、逆に厄払いに行かなかったからどうにかなる、てなもんでもないだろうし。

結局、わざわざ厄払いをしたんだから、何か起こっても、なんでも厄のせいにするのはやめましょう、自己責任で、しっかり自覚して、日々気をつけて生活しようね、てなことなんだよなあ。

気持ちの問題って難しいよなあ、とホントに思いましたよ。

なんだか、意外なことだらけ?なお参りでしたが、きちんと厄は払ってもらいました。
Commented by あっち at 2008-01-09 15:44 x
おお!
厄払い行ったかぁ~!
うちは旦那が厄とか信じるの嫌いな人なので
行かせてもらえません凹
ヤバイと聞く来年の後厄までにはコッソリと
1人で厄払いに行きたいもんです凹

金額によって「お土産」?が違うなんて
なんかいやらしいような・・・
結婚式でさえ、ご祝儀いくら包んだって
引き出物は一緒なのになぁ。
なんだか人間の人生も金次第なようですな(笑)

それにしても初穂料で、おつりをもらうとは・・・
主婦としては重要っす(笑)


Commented by ナオ at 2008-01-10 04:42 x
あっちちゃん☆☆なるほど、お釣りかあ(笑)もらい忘れは主婦として失格よねえ(´▽`;)
厄払い、気持ちの問題だし、土日関係なくほとんどの神社でやってるし、バイク治してくるー、とか言って、こっそり行ってきちゃえば?しかしコソコソ行くのもねえ、なんか違うわなあ(汗)。
後厄も怖いね。私、来年はどうやら大殺界らしいんだけど(笑)ますます恐ろしいわぁ。
by kwsknok | 2008-01-08 16:00 | なんか言いたいこと | Comments(2)